お気楽 太陽光発電・株式投資ブログ

現在太陽光発電所を自宅設置も含めて4基所有しています。 太陽光発電中心に「情報」や「ノウハウ」をお教えします。 さらに株式投資についてもヒントをアップします。 お楽しみに!!

■お気楽自宅発電所 6.6KW 売電開始 2016年8月
■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 81.9KW 売電開始2015年2月
■お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 68.38KW  売電開始2015年8月
■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 81.38KW  売電開始 2015年12月

合計238.26KW

ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 





本日の天気は、雨でした。

3基合計発電量は、259.4Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 81.9KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20180513062800





お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 68.38KW 設置角度5度
パネルREC社、パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20180513062813



■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 81.38KW 設置角度5度
パネル インリーソーラー社 パワコン 新電元9.9KW×5台 
売電開始 2015年12月 売電価格:34.56円(消費税込み)

ecograph20180513062826






ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 


ドリームエンジン(東京都千代田区)は、水を数滴入れて1分で使える「インスタント電池」として、利便性が大幅に向上したマグネシウム空気電池「enerseed(エネルシード)®」の量産を2018年9月下旬より開始すると発表しました。


マグネシウムを電解質にした「マグネシウム空気電池」は、水を注げば電力が生まれる電池です。

従来は、発電に塩が必要とされていたが同製品は塩を使わずに発電でき、水だけでなく、水分を含む数滴の液体(風呂水やジュース、コーヒーなど)を入れても自ら発電を始めます。

さらに、発電開始から1分後には安定した定格電力の供給を可能にしました。


「enerseed(エネルシード)®」は板ガムを2枚重ねた程度の大きさに定格化し「電池」として製品化したことで、月産5万個~20万個の大量生産と、商品単価500円と比較的安価での供給を実現、重さは12グラムと軽く、同社の調べによると、同等性能のマグネシウム空気電池としては、世界最小最軽量となります。

ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 





本日の天気は、晴れでした。明日は雨になりそうです。

3基合計発電量は、1114.8Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 81.9KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)




ecograph20180512050441




お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 68.38KW 設置角度5度
パネルREC社、パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20180512050454



■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 81.38KW 設置角度5度
パネル インリーソーラー社 パワコン 新電元9.9KW×5台 
売電開始 2015年12月 売電価格:34.56円(消費税込み)



ecograph20180512050508




ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 



シャープは、フル充電にかかる時間を従来の半分の2時間半に短縮した住宅の太陽光発電用蓄電池システムを7月6日に発売すると発表しました。

電圧を高めるなどして急速充電し、晴れ間が少ない曇りの日も蓄電できるようにしています。

太陽光発電は売電の買い取り価格が下がっているため、戸建て住宅などの自家発電ニーズを取り込む狙いです。
急速充電ができるパワコン(右)と蓄電池を組み合わせた

急速充電ができるパワコン(右)と蓄電池を組み合わせた

 
発売する蓄電池システムはリチウムイオン電池とパワーコンディショナー(パワコン)を組み合わせています。

昼間に蓄電した電気を夜間に使え、リチウムイオン電池は8.4キロワット時と大容量です。

 
パワコンの変換効率は96%、停電時には自律運転時の出力を従来の1.5キロワットから2キロワットまで高めました。

災害時には照明や冷蔵庫など生活に不可欠な機器の電源確保が出来ます。

 
蓄電池システムの販売価格は税別291万円で、月産台数は250台としています。

ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 





本日の天気は、晴れでした。

3基合計発電量は、1197.9Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 81.9KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)




ecograph20180511055719




お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 68.38KW 設置角度5度
パネルREC社、パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20180511055745



■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 81.38KW 設置角度5度
パネル インリーソーラー社 パワコン 新電元9.9KW×5台 
売電開始 2015年12月 売電価格:34.56円(消費税込み)


ecograph20180511055804





ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 


「視線誘導標ポストフレックス」などの交通安全資材メーカーである保安道路企画株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:森 健太郎)は、“横断歩道を安全に渡れる”というコンセプトをもとに開発したLEDの点滅で歩行者の存在を車に知らせる製品「ぴかっとわたるくん」を販売開始しました。


親子で安心して横断できます


ぴかっとわたるくん: http://www.hoandoro.jp/products/pikatto.html




信号機のない横断歩道は約90%の車が停車しないと言われています。横断歩道に人がいても無視されることもあり、高齢者や子どもにとって危険だと感じる場所です。

特に事故が多いのは夕方日が暮れる時間帯、車両が歩行者の横断に気づかずに事故に繋がってしまい、
問題になっています。


そこで、LEDの点滅で歩行者の存在を知らせる製品「ぴかっとわたるくん」を開発しました。横断時にボタンを押すと15~30秒間車両に向けてLEDが点滅し、歩行者の存在を知らせます。

シンプルな設計とソーラー充電を採用し、電源不要で5年間メンテナンスフリーと管理しやすい製品になっています。

このような製品は現在世界でも注目を集めており、海外で年間約1万箇所に設置されています。



ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 


本日の天気は、概ね晴れでした。

3基合計発電量は、986.3Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 81.9KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20180510040824





お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 68.38KW 設置角度5度
パネルREC社、パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)


ecograph20180510040844




■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 81.38KW 設置角度5度
パネル インリーソーラー社 パワコン 新電元9.9KW×5台 
売電開始 2015年12月 売電価格:34.56円(消費税込み)

ecograph20180510040858






ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 


九州電力管内では太陽光発電システムによる発電量が増加しており、九州電力が受け入れることができる電力量の限界に近づいているという(
日経xTECH)。

 
九州電力の「
九州本土における再生可能エネルギーの導入状況と優先給電ルールについて」によると、九州地区内で電力の供給力が需要を上回った場合、まずは九州電力の火力発電所の出力抑制を行ったり、本来余剰電力の多い夜間に行う揚水発電所での水のくみ上げを昼間にも実施するなどして対応を行い、それでも供給力が需要を上回る場合、太陽光や風力による発電の出力制御を行うというルールになっています。

 
九州電力管内における電力網への接続可能量は817万kWだが、今年3月末の太陽光発電による電力量は785万kWで、剰電力への対応は限界が近づいています。

そのため九州電力では、太陽光発電事業者に対し九州電力からの出力制御指令を受け入れられる出力制御機能付きパワーコンディショナー(PCS)の導入を要請、未導入の事業者に対しては切り替えを要請したうえで、それに応じてもらえない場合は契約解除を行う方針を示しています(
九州電力の発表)。

 
なお、出力制御指令を受けたPCSは翌日の9時から16時のあいだ電力網への送電を止めることになるとのことです。

↑このページのトップヘ