経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の2017年度における買取価格と賦課金単価を決定しました。買取価格は、調達価格等算定委員会で出された委員長案通りに決定し、10kW以上、2000kW(2MW)未満の非住宅太陽光は21円/kWh(税抜、以下同)です。

 
2000kW以上の非住宅太陽光については、入札制に移行し、落札した価格が買取価格となります。2017年10月頃に第1回の入札を行う(入札価格の下限は21円/kWh)。

 

10kW未満の非住宅太陽光については、出力制御対応機器の設置義務なしの場合、2017年・28円/kWh、2018年度・26円/kWh、2019年度・24円/kWh。また、出力制御対応機器の設置義務ありの場合、2017年度・30円/kWh、2018年度・28円/kWh、2019年度・26円/kWhとなりました。