オムロンは、戸建住宅向けの太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム「KP55S」シリーズを4月から販売開始すると発表しています。

 
従来機種「KP48S」シリーズと比べて蓄電ユニットを20%小型化、パワーコンディショナー(PCS)の出力を約15%向上しています。

 
0318omron_01

重塩害対応タイプもあり、防塵・防水規格IP65対応で海岸線から500m以内で潮風が直接当たる場所にも設置できます。蓄電池ユニットは容量が6.5kWh、充電時間は約6時間。

最近は小型化された商品がどんどん発売されていますが、まだまだ大きさは小さくならないと一般住宅には導入が難しいかもしれません。容量もまだパワー不足です。

しかしメーカーが色々取り組んでいることは、はっきりしているので数年後には太陽光を自宅に設置している家庭では充電システムを導入するメリットがでてくるでしょう。そうなれば我が家も導入したいです。