ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 

 
にほんブログ村
↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑


九州電力は5月26日、5月25日時点における
風力発電設備の接続申込み量が、接続可能量(30日等出力制御枠)の180万kWに到達したと発表。

このため、5月26日以降の風力発電設備の接続契約申込み受付分については、無制限・無補償での出力制御に同意することが前提になります。


同社は、2017年3月7日に、今後、風力発電の申込み量が接続可能量(180万kW)を超過する可能性があることを受け、経済産業大臣から
固定価格買取制度に基づく風力発電設備の指定電気事業者に指定されています。


これにより、出力制御対象外とされていた出力20kW未満の風力発電設備についても、同日以降、接続契約申込みを希望する事業者は、年間720時間を上限に無補償での出力制御に同意することが前提となりました。

こうなりますと九州電力管内の風力発電は見送ったほうが良さそうです。