お気楽 太陽光発電・株式投資ブログ

現在太陽光発電所を自宅設置も含めて4基所有しています。 太陽光発電中心に「情報」や「ノウハウ」をお教えします。 さらに株式投資についてもヒントをアップします。 お楽しみに!!

2016年10月

本日は曇り時々晴れでした。

3基合計発電量は、401.2Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 67KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20161031052050




お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 54KW 設置角度5度 パネルREC社
パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)

ecograph20161031052205




■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 67KW 設置角度5度 パネル
インリーソーラー パワコン 新電元9.9KW×5台 売電開始 2015年12月
売電価格:34.56円(消費税込み)


ecograph20161031052219



バックナンバー→お気楽 脱サラへの道。(太陽光発電編)

それでは遠隔管理システム必要性から
書きたいと思います。

太陽光発電は一度設置すると、メンテナンスフリーと考える方が
いるようです。確かに他の投資よりは手間が少ないかもしれませんが、
そうではありません。

特に産業用太陽光発電設備はお住まいの地域から離れた場所
設置されることが多いので、(私も実際そうです)日々の発電状況
頻繁に確認することは不可であり、現状を把握されていない方
が多いと聞いています。

太陽光発電は周りの状況や環境、その中でも特に天気に
左右
されやすい発電方法です。当然曇や雨の日で
日射量が下がれば、太陽光の発電量も大きく下がります。

ただこの発電量が下がったことが日射量の影響なのか、
パネルやパワコンの不具合からなのか判断が難しいと思います。

太陽光発電事業は、予想する発電量から収支計算をおこない、
事業計画を立てて借入金返済や保険料、税金、メンテナンス料
などの支払いを行っています。

万が一パネルやパワコンの異常に気づかず、対策を講じなかった場合、
発電量の減少は売電収入の減少に直結してしまいます。

例えば、50kWの太陽光設備で1ヶ月間売電ができなかった場合、
50kW(設備容量) ×83kWh(月間発電量) × 36円
(税抜き固定価格) = 約15万円ほどの損失になります。
★発電所の規模や発電量によってさらに拡大する。

独立行政法人産業総合研究所の調査では発電開始
10年以内での太陽光パネルの不具合は13%、
パワーコンディショナーの不具合は17%
の報告もあります。

上記の様な、異常や不具合による売電減収リスク
回避するために、遠隔監視システムなどの発電監視や
定期的な保守メンテナンス不可欠だといえます。

私の発電所も稼働して1年前後ですが、パワコンのリコール1回、
パワコンの接続ミス(施工時)1回と不具合が出ています。

そのうちパワコンの接続ミス(施工時)は、パワコンメーカーが
ミス
をしたのですが、 遠隔監視装置をつけて更に他の発電所と
比較し、分析して自力で発見しました。

当然稼働して1年が経過していたので、売電ロス金額を
保証させましたが、これも遠隔監視をし、自身で分析できた
おかげです。

それでは遠隔監視ではどんなことが、出来るのでしょうか?

続く




ブログランキング参加中です!
応援でクリックしてくれると嬉しいです!

 

にほんブログ村

 
太陽光発電 ブログランキングへ

↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑


本日は概ね晴れています。こんな天気が続くといいですね。

3基合計発電量は、636.8Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 67KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)


ecograph20161030090205





お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 54KW 設置角度5度 パネルREC社
パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)


ecograph20161030090219



■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 67KW 設置角度5度 パネル
インリーソーラー パワコン 新電元9.9KW×5台 売電開始 2015年12月
売電価格:34.56円(消費税込み)


ecograph20161030090233




さて10月23日から29日自宅発電ほぼ先週変わらず結果でした。
やはり例年に比べて70%前後の日射量ではこのくらいでも良しとしなければ
いけませんね。

もうすぐ11月です。だんだん日ごとに寒くなっていきますので皆様も
風邪対策などを早めにしてください。


健康が第一です。



10月

自宅6.6KW

1

 

実績

パネル1当たり

 

KW

kwh/kw

23

9.8

1.48

24

22.4

3.4

25

17.2

2.6

26

10.7

1.6

27

19.8

3

28

6.4

0.96

29

11.9

1.8

合計

98.2

14.8

平均

14

2.12

 

 

 

 

 

 

パネル

REC

6.6kw

設置角度

5度

 

方角

西

 

南向き換算

5.6kw

 


ブログランキング参加中です!
応援でクリックしてくれると嬉しいです!

 
にほんブログ村

 
太陽光発電 ブログランキングへ

↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑



カネカは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の
プロジェクト
結晶シリコン太陽電池モジュール世界最高
となる変換効率
24.37%達成したと発表しています。
 
日本の太陽光発電システムのコストは諸外国よりも数割以上高い
いわれています。

このコストを引き下げるには設置費用資材価格
などを
さらにコストダウンしなければいけませんが、その中の
1つである
太陽電池モジュールの場合、コストを決めるのは
変換効率と寿命、
製造コストです。
 
NEDOでは、太陽電池のコスト削減に向け「高性能・高信頼性太陽光発電
の発電コスト低減技術開発」プロジェクトを立ち上げ、高効率結晶シリコン
太陽電池の開発を進めています。

目標は2020年に業務用電力価格
並みに相当する14円/kWh
(キロワット時)、2030年に従来型火力発電
並みの
7円/kWh(キロワット時)です。
 
今回カネカが同プロジェクトで24.37%の変換効率達成した太陽電池は、
広く普及している結晶シリコン系で、モジュール面積は1万3177平方
メートルで、ヘテロ接合バックコンタクト型のセルを108枚使用
 
モジュール内での抵抗損失を最小限にするためのセル間配線技術
や、モジュールに照射された光の収集効率を高める技術などを新たに
開発したことで達成可能となりました。
 
結晶シリコン太陽電池モジュールで高い変換効率を実現したことで、
発電コスト目標の達成に更に近づけそうです


ブログランキング参加中です!
応援でクリックしてくれると嬉しいです!

 

にほんブログ村

 
太陽光発電 ブログランキングへ

↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑


本日はほとんど曇り空でしたが、香川県は多少陽の射した時間が
あったようです。

3基合計発電量は、272.5Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 67KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)


ecograph20161029043256





お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 54KW 設置角度5度 パネルREC社
パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)


ecograph20161029043238



■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 67KW 設置角度5度 パネル
インリーソーラー パワコン 新電元9.9KW×5台 売電開始 2015年12月
売電価格:34.56円(消費税込み)


ecograph20161029043311



ブログランキング参加中です!
応援でクリックしてくれると嬉しいです!

 

にほんブログ村

 
太陽光発電 ブログランキングへ

↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑

バックナンバー→お気楽 脱サラへの道。(太陽光発電編)


太陽光発電の最大のメリットはなんといっても
国公認の買取制度』があることです。

産業用太陽光発電であれば20年間決まった価格で
電力会社が買い取ってくれます。安定した収入が得られます。

<リスクヘッジ方法>

もちろん故障とか災害のリスクはありますが、それには保険が
ありますので必ず加入しなければいけません。
災害保険や売電保証など

またいくらメンテナンスフリーに近いと言っても点検作業は
必須
だと思います。

私も月数千円でメンテナンス契約をしている他、遠隔管理
システム
を導入してリアルタイムに近い発電量をチェックしています。

そして2ヶ月に1回位は自分で現地を視察して問題がないか
確認しています。これが結構重要です。

でもすることはこのくらいですから、サラリーマンさんの
仕事から比べたら楽ちんだと思います。

20年間は長いですから、トラブルは起きるのが当然ですが、
それにいかに早く正確に対処できるかですね。

なお遠隔管理システムはたくさんありますが、私の場合は・・・



続く




ブログランキング参加中です!
応援でクリックしてくれると嬉しいです!

 

にほんブログ村

 
太陽光発電 ブログランキングへ

↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑


本日は小雨の1日でした。当然発電量も少しですが、売電金額に換算すると
9000円くらいですから、大したものです。

さて来週は晴れ間が多く見られそうです。

3基合計発電量は、230.6Whです。



■お気楽第一発電所(徳島県吉野川市) 67KW 設置角度5度
パネルREC社パワコン 田淵9.9KW×5台 売電開始 2015年2月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)



ecograph20161028055502





お気楽第二発電所(徳島県美馬市) 54KW 設置角度5度 パネルREC社
パワコン 新電元9.9KW×4台 売電開始 2015年8月
売電価格:36円+2円(プレミアム買取)=41.04円(消費税込み)


ecograph20161028055516



■お気楽第三発電所(香川県さぬき市) 67KW 設置角度5度 パネル
インリーソーラー パワコン 新電元9.9KW×5台 売電開始 2015年12月
売電価格:34.56円(消費税込み)

ecograph20161028055534



 
東京都地球温暖化防止活動推進センターは10月下旬から、都内の
スターバックス3店舗に、コーヒーを飲みながら手軽にスマートフォンなどを
充電することができる、太陽電池を搭載したテーブルと椅子型の新型
シティチャージ」をモデル設置します。

 201601027_c2

これは都民旅行者が無料で利用でき、非常用電源としても活用する
ようです。増加している外国人旅行者へのサービスとしても使えます。
 
同センターでは、昨年10月より東京タワーなど都内3カ所に日本初となる
シティチャージをシャープとともに設置していました。このシティチャージは、
太陽光発電パネルのほか、蓄電池・LED照明を搭載し、夜間照明にも
使えるスタンド型です。

20160326212455

 
第二弾となる今回は、スターバックスに設置するのは、キャスター付きで
移動も簡単にできるテーブル型の「タイプA」は、矢木コーポレーション
と旭硝子が開発しました。木を多用し、店舗の雰囲気に調和した
デザインで、ブロックの組合せで形状を自由に変えることが可能です。
 
もう一つシャープが開発した椅子型の「タイプB」は、背もたれの裏側に
小型でも十分な発電が見込まれる、人工衛星などに採用されている
高効率な化合物太陽電池を14.4W搭載しています。
 
新型シティチャージを設置するのは、上野恩賜公園店、二子玉川公園店、
町田金森店スターバックス3店舗。タイプA、タイプBを各店舗に配置。
10月下旬より順次設置される予定です。
 
こんなシステムが自宅にあったらいいでしょうね。来月になったら
上野恩賜公園店に行ってみようと思います。
 

ブログランキング参加中です!
応援でクリックしてくれると嬉しいです!

 

にほんブログ村

 
太陽光発電 ブログランキングへ

↑↑↑クリックお願いします。↑↑↑

バックナンバー→お気楽 脱サラへの道。(太陽光発電編)

さて産業用太陽光発電のデメリット」ですが、次のようなことが
考えられます。

1)資金調達に苦労する。

毎年、導入コストは、低くなっていく傾向ですが、それでも初期投資額
かなり大きいと思います。事前に十分な資金を用意する必要があります。

太陽光に参入される方はかなりの比率で金融機関から「融資」を
受けています。融資先は日本政策金融公庫や、信販会社、
銀行
などです。

太陽光発電は長期収入が保証されているため事業リスクが低く
事業計画は立てやすいです。

それでも担保や保証人がないと金融機関からの「融資」を得ることは
難しいので、しっかりしたプレゼンが必要です。

近年は、太陽光の実績があることと、金融機関も貸し先を
求めていますので、以前よりも融資のハードルは下がってきたと
思います。


2)災害に遭遇した際に売電できなくなる。

水害・雷・突風などの自然災害で太陽光発電システムが故障した場合、
修理期間中は売電ができなくなります。太陽光発電の規模に比例して、
損失額は大きくなります。

このようなリスクは当然想定するべきです。私の場合は売電保証の保険
に入っています。

自然災害などで故障して売電できないときは、半年間1日1万円の
売電額を保証してくれるものです。(いろいろな保証内容が有りますので
ご自身で選択できます)

最近は取扱保険会社も多くなってきたので、災害保険と一緒に加入して
価格交渉すれば有利な条件で加入できると思います。


3)補助金がない。

一般住宅用の太陽光発電は政府・地域によっては都道府県や
市町村からも補助金が出るケースがあります。

しかし産業用の太陽光発電は、全量買取制度によって売電
による収入が見込めるものの、補助金は出ない場合が
ほとんどです。


その他リスクもありますので対処が必要です。

私が行っているリスクヘッジの方法は・・・



続く


↑このページのトップヘ