ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 



資源エネルギー庁は、
固定価格買取制度(FIT制度)における、20kW未満の小型風力発電の2018年度買取価格について、20kW以上の風力発電と同じ買取区分として取り扱う方向性を提示しました。

また、小型風力発電について、一般的な用途としては、固定価格買取制度(FIT制度)からの自立化は困難で、高価格での新規認定を行い続けることは適当でないとしています。

一方、コスト効率的に事業を実施する小型風力発電については、20kW以上の風力発電と同じ買取区分として取り扱うことを提案しました。

今後の買取価格について議論

20kW未満の小型風力発電(陸上)の買取価格は、現在55円/kWh(2014年度~2017年度)、20kW以上の風力発電(陸上)の買取価格は、2018年度が20円/kWh、2019年度が19円/kWh。