ブログランキング参加中です。
応援でクリックしていただけるとうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

太陽光発電 ブログランキングへ 



ブイキューブロボティクスは、ドローンを利用した太陽光発電所の点検サービス「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表しました。太陽光パネルの撮影および画像解析、点検レポートの作成などまでを含むパッケージサービスです。

 
SOLAR CHECKでは、赤外線サーグラフィカメラを搭載したドローンを利用。太陽光パネルの配置に合わせて事前にドローンの航行ルートを設定し、そのルートに沿ってドローンが自動航行して撮影を行います。

ドローンは撮影の精度を高めるために、太陽光パネルの角度に合わせた飛行が可能としています。

 
撮影したパネル画像をクラウドサーバ上にアップロードし、ディープラーニング(深層学習)による画像解析システムで、ホットスポットなどの異常箇所を特定。

 
撮影画像の解析では、ホットスポットが発生しているパネル位置も特定し、その情報を基にしたレポートも自動で作成されます。

rk_180213_v01

ドローンの自動運航や画像解析、レポート作成の自動化によって、2MWの発電所の場合、約15分で検査が行えるとしています。