お気楽 太陽光発電・株式投資ブログ

現在太陽光発電所を自宅設置も含めて4基所有しています。 太陽光発電中心に「情報」や「ノウハウ」をお教えします。 さらに株式投資についてもヒントをアップします。 お楽しみに!!

カテゴリ: 住宅用 太陽光のメリット

 
昨日からの続きです。



⑦年々設置費用が安くなってきている。
 
以前から比べますと格段にコストダウンできています。その分
余剰電力の買い取り価格は下がっていますが10年以内には
設備投資額を回収できるでしょう。またそのような計画が
可能でなければ難しい投資になるでしょう。
 
⑧夏涼しく、冬暖かい家になる。
 
太陽光パネルが断熱材の役割を果たすため、室内の温度が、
夏は下がり、冬は上がります。私も実際体感しています。
夏場はクーラーの効き方がとっても良いですね。
 

他にもメリットはあるようですが、大きなものでは
今までにリストアップした8項目です。

是非皆様もチャレンジする際の参考にしてください。


昨日からの続きです。

太陽光発電のメリットですが・・・


⑤メンテナンスが簡単で長寿命

太陽光発電は、エネルギーの変換に機械的な動作を必要としないため
故障は少ないと思います。もちろん、メンテナンスフリーではありません
ので、発電モニター等で監視しながら、発電量が低下したときは
早めにメンテナンスを行うようにしましょう。

なおメーカーの保証も購入前にしっかり確認することをおすすめします。


昨日からの続きです。

太陽光発電のメリットですが・・・

③自治体から補助金を受けられる。
 
2015年から、国からの補助金はありませんが、お住いの地域を管轄する自治体から補助金を受けることができます。※補助金の実施については、各自治体へお問い合わせください。
 
■全国の補助金を調べるサイト
http://sumai.panasonic.jp/solar/subsidy_info.html
 
 
④災害時などは発電した電力を使用できる。
 
地震や台風、たつまきなどで電力会社からの電力の供給ができなくなった時は、(停電時)
太陽光発電によって発電した電力を使用することができます。

最近では台風や地震などが頻発する状況ですので、これはありがたいですね。
ただし太陽光の電力ですから、晴れた日だけですしコンセントも1箇所くらいしか
設置できません。

私の家では1箇所設置していますが、緊急時にはお湯を沸かしたり、スマホの
充電などに利用しようと思っています。

あるだけでも安心感はありますね。
 


昨日からの続きです。

太陽光発電のメリットですが・・・


②光熱費削減や売電が可能

晴れていれば太陽光発電は活躍してくれます。その時間帯は自宅の
使用電力はかなり削減できます。また発電をモニター等で見える化
しますので、節電をするという意識が高まりますから、
その点でも光熱費削減効果はありそうです。

家庭用太陽光発電システムでは、上記のように発電によって得られた
電力は自分の家庭で使用しますが、それでも余った電力は電力会社に
売電することで収入を得ることができます。

それによりシステム設置の初期費用の回収を早めることも
期待できるのです。

私も10年間は地元電力会社と売電契約を結んでいます。
売電と自宅消費分補填で約7,8年で初期費用を回収できる
見込みです。(あくまでシミュレーションですが)

今なら県や市などの補助金も出るところが多いでしょう。

それについてはまた明日書きたいと思います。




私も先日自宅に太陽光発電を設置しました。その際いろいろメリットとデメリット
などを考えました。それを少しづつ書いていこうと思います。

まずはメリット編からです。


①クリーンエネルギー&豊富で無償

太陽光ですから化石燃料を使った火力発電などのように発電時に地球温暖化の
原因の一つであるCO2をほとんど排出しません。(クリーン)

さらに太陽光は石油や天然ガスなど資源の枯渇が心配されているエネルギーでは
ありません。

もちろん地球が消滅するとかの場面になったら、その限りではありませんが、
その心配はしても仕方がありませんね。

日本のようにエネルーギー資源を輸入に頼っている国にとっては、
太陽光を利用することが大事だと思います。

この続きは明日また書かせていただきます。

↑このページのトップヘ